~なな色の音なみ~

日々日常感じている心の色や音を、ありのまま綴ってゆきます。

定期点検  

8月もそろそろ終わりに近づいてますね。

今日は本当に久しぶりの投稿です^_^

ちょっと象徴的な面白い事があったので、
書いてみよう!という気になりました。

今日はマンションの設備点検だったんですけども、
火災報知器の点検だけが全然来ない。

あれ?
排水管と換気扇の点検だけだったっけ?
もう一個あった気がするんだよな~
午前中居なかった場合は、
13時から14時の間に再度各部屋を回ると書いてある。
起きたのが9時半だったので^_^;、
きっと朝一に来て気付かなかったんだな!と思い、
午前中で点検が終わり次第出かける用が入っていたけれど、
時間をずらして点検の方が来るのを待ってみた。
その間(12時直前)宅配業者の方が来たが、
何故かインターフォンを鳴らさずドアをコンコンと叩く。

13時半にやっと火災報知器の点検の方が来たが、
やはりインターフォンを鳴らさずドアをコンコンと叩く。

私の心の中では、何でインターフォン鳴らさないんだよ!
折角待ってるのに気付かなかったらどうするんだよ!
と、業者の方を責める気持ちになる。

でもまぁ、出かけるのだいぶ遅くなったけど、
荷物も受け取れたし、まぁいっか!
けれど少しだけ出かけるのが億劫になっている。

何とか出かけて電車に乗ってる時にふと気付いた。
ん?何故ドアをトントンと叩いたんだろう?
あ!排水管の点検の時にインターフォンの受話器、
ちゃんと置いてなかったんだ!
少しずれてたんだ!
という事に気付いた。

受話器が少しでもずれてると、
部屋の中でインターフォンの音が鳴らなくなる。

ちゃんと来てるのに、
回線経路が切れてると気付かない。
私はそういう状態だったんだ、という事が言える。
一見障害のように感じた事でも、
実は完璧だったという事なのかもしれない。
すぐに被害者意識に入るパターンが少し見えた気がした。
スポンサーサイト

category: ブログ

tb: --   cm: 0