~なな色の音なみ~

日々日常感じている心の色や音を、ありのまま綴ってゆきます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

サプライズな食事会  

今日は、20代前半から約10年間、
家族同然のように過ごした仲間達との食事会に行って来ました。

その時代、毎年夏に旅行(強化合宿という名の旅行)に行ってたのですが、
その先で仲良くなった宿泊先の娘さんYちゃんが今回東京に来るとの事で、
Yちゃん交え4人で会おうとサプライズ企画の食事会でした。

私がYちゃんと会うのは、4,5年振り。

実は私(この場合は私達?)は、
過去に一種のマインドコントロールにかかった事があります。
(それぞれ出た時期は違うので一部メンテナンス中~)

皆、20代の若かりし頃、
夢を持って誰かに何かを求め、
1人の人を長とするあるグループに集まったメンバー。

その時代を知ってるYちゃんに、
何故、私達がそこのグループを出たのか等色んな話をしました。

その時代一体何がそこで起こっていたのか、
今だから気付く事分かった事が沢山あります。

あの頃の私は(いや、つい最近までかもしれない
自分は自由を拘束された身だと思い、
何でこんな思いまでしなきゃいけないんだ!と、思っていました。

ですが、マインドコントロールにかかる程までに、
私は私自身を小さな枠の中に閉じ込め、
精神が壊れる寸前まで明るい自分を演じようとして心に蓋をしたのは、
誰かの力無しでは1人で生きて行く勇気がなかったからだったんです。
そして自分には力があると思いたかったから、
力があるように見える人、その場所にしがみついた。

またそうまでしてまでも自分を被害者に仕立て上げる必要があったのは、
相手を支配しようとする加害者になる可能性を秘めていた(いる?!)、
とも思います。

とここまで書きながら、
ってこれ、複雑化してとんちん感な方向に行ってたりして?
実はもっとシンプルかもしれなかったりして?
と、思う自分もいます

自分を知る為にあの頃があったのは間違いないです。

あの頃の話をすると、ふとした時にそれぞれまだ恐怖を思い出したりもします。
それぞれがそこに何を見てたかは、個々にテーマがあるとは思いますが。

でも皆が、「なかなか経験出来ない良い経験をしたよね~」
と笑って言える日が、早く来る事を信じています

20121123.jpg
本日食べたヘルシーランチ!根菜と鶏肉の甘酢炒め、美味しかった♪



スポンサーサイト

category: ブログ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。