~なな色の音なみ~

日々日常感じている心の色や音を、ありのまま綴ってゆきます。

♪新たなる色線  

語呂合わせなど取っ払って
好きなように綴ってみよう!

ということで出て来た言葉を、
そのまま記してみたいと思います^_^

それはただの表紙や絵ではない
もともとあったのに気付かなかった
その波打つ線は
見えた時に新たなる色線となる

ただ一点を見つめ進む時も必要なのだろう
全貌が見えるまではそれが必然だったとは分からない

その微かな光を感じるまでは
ただ暗闇の中を歩いてるように思われる

その暗闇は想像道り黒色か
それとも紺色藍色か?

はたまた大好きな色だったと気付くかもしれない

もしかしてその色さえ幻想かもしれない

ならば自分の色に染めてみよう
私の、あなたの色は何色か?

それを結ぶ時
七色に輝いているかもしれない

本当は色にこだわる必要などないのかもしれない

ただ生きていく上での好みというもの

私の、君の色は何色か?

その波打つ線は
見えた時に新たなる色線となる


スポンサーサイト

category:

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret