~なな色の音なみ~

日々日常感じている心の色や音を、ありのまま綴ってゆきます。

自ら選んでた。  

宇宙にお願い事をして、
きっと後ろからトントンと、
肩を優しく叩いてくれていたんだろう。

それもさりげなく沢山。

でも無いとこばかりに目を向けてたから、
気配は感じたとしても、
気のせいかな?という事にしてたんだな。

自ら無力感を選んでいたということか。
スポンサーサイト

category: ブログ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret