~なな色の音なみ~

日々日常感じている心の色や音を、ありのまま綴ってゆきます。

これこそ  

これが普通だとか常識だとか・・

自分の本当の思いではない事を(思いが分からないが故に)、
もっともらしく話してる人たちに嫌気やもどかしさを感じる。

しかし何より誰かと話してる時に、
もっともらしく話してる自分に嫌気ともどかしさなりを感じていたりもする。

これこそが判断・・

こんな事が日常茶飯事だったのですね。



category: こころ日記

tb: --   cm: 2

招福  



ついつい引いてしまった・・
この招き猫欲しさに・・

年末辺りからですが、
年始も私の中で吹き荒れている・・

家の中ではより顕著です。

常に、どんな自分で在りたいか?
問われ続けてます。


category: こころ日記

tb: --   cm: 0

空想世界  

これはイマジネーションなのか単なる妄想かは微妙ですが、
私の中で何か一つのテーマをきっかけとして、
そこから物語の展開が始まる時があります。

その中で、思いつきで発言する人に非難を浴びせる私。

それは、
思いつきや感覚で行動しようとする自分を信頼してない、
ということにも繋がる。

思いつきが全て衝動の類に私の中で振り分けられる。

これまた、
私の中で当たり前のようになっていた偏見。

イマジネーションにしても妄想にしても、
空想世界というのは一致してるかもしれません。

空想世界の中でも、
偏見に気付く事が出来る訳だ( ̄▽ ̄)


category: こころ日記

tb: --   cm: 0

針の穴  

今はまだ頭で思い描いてる事で、
そこに何の根拠もないのですが、
今感じてる事を手探りでも行動して行けば、
全てが繋がる日が必ず来ると、
確信というか信じてる自分がいました。

そんな中で手始めに動いた時に、
自分の思い描いた目標とでも言う地点に近づく為には、
幾つかの行程が必要になるという所で、
よく出て来る「面倒くさい」と思う自分が顔を出します。

自分が思い描いた通りにすんなりと事が運ばないのであれば、
自分をフリーズさせ同じ場所に留まり続ける。

これが、私の潜在意識内に出来上がったパターン。

ここに針の穴程度でも光が通ったならば、
きっと解除する事が出来る筈。


category: こころ日記

tb: --   cm: 0

培われた思い  

何だかんだ言いながら、
このブログを始めて今月で丸2年が経ちました。

躊躇しながらも始めた頃は、
自分のブログを始められる嬉しさで続いていたものが、
わずか数ヶ月で暗闇の期間へと突入し、
先が見えないからこそのジレンマと、
自分自身にかけた呪縛にとっ捕まっていたと感じます。

今でも勿論観えない事は多々ありますが、
この2年で、
迷いながらでもいいから前に進んだ、
という気持ちが培われたと、
実感しています。

category: こころ日記

tb: --   cm: 0

道が違える時  

道が違える時というのは、
何が基準となっているのだろう?

その時は同じ方向を向いていると思っていた。
でも根本で求めているものが違えば、
自ずと道は別れていくのか?

今となってはそれで良かったと思う事もある。
しかし、今だに疑問に思う事もある。

深く関わっていた人の下した選択に、
時を経てその現実を見てショックを受ける事もある。

根本で求めているものが、
ただただ異なっていただけなんだと。

でも私の奥底の心は、
それを無理矢理には納得したくない。

何が正しいとか間違っているとか、
それはそれぞれの価値基準や判断にしか過ぎない。

ただ私は、
やっぱりあの時感じた違和感は正しかったんだ!と思うよりも、
そこに何を見ていたのかを、
そこを通して何を成し遂げたいのかを、
深く知り理解する必要がある、
という事だと感じている。


category: こころ日記

tb: --   cm: 0

色褪せず心に焼きつくもの  

何故、好きなもの(事)を遠ざけようとするのだろう?

あんなに心が動くのに、
いつかは手に入れようと思いながらも、
お金が無いとかワークで聴けるからとか(^_^;)、
もしくは誰かに借りられるかもしれないから云々・・
と、何かと小さな理由を付けては3~4年の時が流れていました。

確かに最近何かと新しい物を取り入れたりしてるので、
お金がキツキツなのは現実。

でもだからと言って、
もう先延ばしにするのは止めよう。

そう思い、
やっと龍馬伝のサントラを購入するに至りました。

私の中で数年経っても色褪せない心に焼き付いている楽曲は、
もしかしたら初めてと言っても過言ではないかもしれません。

IMG_0784.jpg



category: こころ日記

tb: --   cm: 0