FC2ブログ
Welcome to my blog

ナナイロノオトナミ

category: ブログ  1/155

膿出しの一貫

No image

いい意味でせっかく傷口が開いて、その傷は今始まったばかりじゃない。もうずっと前からあったんだよね、と。せっかく開いた傷口に絆創膏を貼る事はしたくない、とも。もしも私自身が絆創膏を貼ろうとしても、膿が出てるのであればまた自然と剥がれるのだろうな。いずれにしてもその膿は、全部出し切るしかないのだと思う。早くそういうところから本当に変化する為には、早くっていう言葉のニュアンスかなと言っていた。早くという...

  •  0
  •  -

それこそ

No image

膿を全部出し切る為に、怒らせるとか悲しませるとか苦しませるとか、そういうことも必要なんだと師匠は言っていた。こちらが意図しようとしまいと、私の中で死にかけのパーソナルが荒れ狂うんだったら、それはやっぱり自分の心の中の膿を早く出し切ったら、早く変化するタイミングがやってくるというふうに、頭の片隅で認識しておいて欲しいとも。そう、今の私には全部当てはまってしまう。自分でもどうしてなのか分からなくなる位...

  •  0
  •  -

無駄な抵抗

No image

ポジティブな所が刺激されれば、死にかかってるパーソナルが荒れ狂う。その時、どれだけ冷静な自分が出てくるか。現在進行形でどれだけ出ているのだろう?今はもう瀕死の状態で、荒れ狂って泣くか、引くかのどちらかになっている。愛なんて果たして感じられているのだろうか?人が変化するのは結局のところ、深い所で自分が決めてるタイミングだと。変化を促すワークはそのタイミングを、君の内側が早めてもいいよっていう許可を出...

  •  0
  •  -

マインドによって交わされる言葉

No image

マインドによって交わされる言葉なんてのは、殆ど役に立たないと師匠は言っていた。マインドによって交わされる言葉?考えてみたら、職場等々、これまであちこちで交わされていた言葉は、思い込みや偏見がごちゃ混ぜになりながらの、コミュニケーションだったと思う。コミュニケーションを取ってるようで取っていない。明るく笑顔だったとしても、根本は劣等感等々だったと思う。マインドの部分で理解したなんていう事は、あんまり...

  •  0
  •  -

朗報とは?

No image

今の私にしてあげられる事は何もない。でもこれは朗報だと・・。私が本当に変わる事ができた時に、それが自分の力であり、自分の意思なんだって理解するから、と。今の私は渦中にいる。だから当然(?)、理解とはほど遠い。イマイチ朗報がどういうことなのかを、把握し切れていない。...

  •  0
  •  -

瀕死のパーソナル

No image

今の私の精神状態(古いパーソナルが死にかけてる状態)を踏まえた上で、最後の最後で何か頭で考えたりする事がまるで機能しなくなった時に、自分の腹からこれまでと違う、本当の自分のエネルギーが出てきたと師匠は言っていた。今が一番乗り越え時、ギリギリの所で耐えるしかない、とも。最後の足掻き(断末魔)が荒れ狂う状態で、もう何度もダメだと、もう無理だと思った。そう思う事自体、もしかしてまだマインドが働いてるのか...

  •  0
  •  -

そもそも違う

No image

出来るできないに拘るパーソナルは、とーってもしつこい(~_~;)ワークでやってた事は、私の言葉でいうところの冷静な自分を強化するものであった訳だけど、日常のやる事に流されると、やってない=出来ない自分、になり、冷静な自分が育ってない、という視点には全く持って至らない。何故拘るんだろう??そういう自分が自分だと思っていた。拘る事が信念にも繋がると思い込んでいた。いや、そもそも拘ってるという意識すらなかった...

  •  0
  •  -