FC2ブログ
Welcome to my blog

ナナイロノオトナミ

archive: 2020年02月  1/1

空回り

No image

あまり何も出来ず、ボーっとしている。でも、身辺整理まではいかないけど、少しだけ保管していた資料等々を処分した。5年位前の資料だけど、既にワークに通って5年位経っていたけれど、ずっと何者かになりたかったんだなぁと、改めて自分を認識した。でも、その時々で、私なりに、頑張ってもいたんだよなぁ、と。来週の3日にはひな祭り会で人前に立つのに、練習すら手につかず、どうしよう?という心境だけど、見るべきものを見な...

  •  0
  •  closed

精一杯

No image

確かに毎日ブログを書くだけで精一杯。音声を聞いて書き出して、その見解を書くまでに全然至らない。こんな筈じゃなかった、という思いは、30歳前後の時にもよく感じていた。基盤はもう全然違うけど・・。確かにバイオリズムがあると思う。私が上昇気流に乗っていたかのような時、壁にぶつかりもがいていたメンバーもいた。こうなってみて、少し理解出来ることがある。...

  •  0
  •  closed

元々あった

No image

今、間違いなく帰路に立っている。私にはもう無理なのかもしれない、一緒にいたいと思える人ができたから、もう十分なのかもしれない、何でここまでしなきゃいけないんだ、等々、色んな思いが巡っている。これがプライドを捨てられないということか。これが頑なということか・・。ワークの時の音声を聞くのが怖い。この怖れは、元々私の中にあったもの。...

  •  0
  •  closed

ささやく自分

No image

これまで以上の感情が噴出した。無理、出来ない、迷惑がかかる・・色んな思いがささやく。少し前から、私は素直さと柔軟さに欠けるのだろうな、と、思っていた。今日はワーク中にどっぷりはまった。なかなか抜け出せなかった。切り替えられなかった。ゆっくりしたい。ゆっくり自分と向き合いたい。...

  •  0
  •  closed

休みなしの日々

No image

3月もまた、昨年の11月から12月のような、休みなしの日々が待っている。私の体はいつまで持つんだろうか~(>_<)早く終えたい・・...

  •  0
  •  closed

パターン

No image

ひな祭り会の担当として、予定してた出し物のサイズが思ったより小さく、サイズアップをする中で色々と不具合が出ていた。焦りだけが先走ってた中で、改めて何が出来るかを考え、落ち着いて1つ1つこうしてみたらどうだろう?と、やってみたら何とかなりそうだ、という感じになった。その分予算は出てしまったが、無駄だ、損してる、と思う自分も受け止める。ノート起こしで出てきてる自分と同じ。現象は違えど、自分のパターンは...

  •  0
  •  closed

響く

No image

同じ事を繰り返していた(-_-;)私は自ら焦燥感の意識に入っていた。だから息が上がるのかもしれない。それでも、焦ってる自分をも赦すんだよなぁ。知人で赦すと許すの違いを書いていた人がいたけれど。調べるとなる程!と思う。改めて、自分が自分を本当に赦すって、どういう感覚なんだろう?と思う。「どれだけ時間かけてもいいんだ位の気持ちでいると吸収できる」師匠の言葉が胸に響く。...

  •  0
  •  closed

休息

No image

今日は東京シェア会でしたが、私は体調不良の為、無理せず休息させて貰いました。ゆっくりしてるのに、息が上がり頭が重くなるのは何故だろう・・?この体を通して受け取ることは何だろう?最後の砦は免疫力。最低限の事はやる、という事で、飲尿は行ってる(その都度飲むまではできないけど)。頭で考えても答えは出ないのね。...

  •  0
  •  closed

老廃物

No image

腎臓については、今のところ体質との事だけれど、ウィルスじゃないけど、老廃物に関して波動でどうにかできないものだろうか。波動を上げるとは、何をもってして上げるか?色々と後回しにできないのである。...

  •  0
  •  closed

基本的なことを身につける

No image

目に見えて熱がある訳ではない。でも、動ける程度の一時的な発熱は、結構頻繁なんじゃないかと思う。保育園のような所で働いていると、免疫力が高くなるとは聞いたことがあるけれど、実際のところはどうなのか分からない。取り敢えず今は、何が効いてるのか効いてないのか分からないけれど、免疫力を高める為の、基本的な事(?!)が身につくように毎日を過ごしている。...

  •  0
  •  closed

腹の強化

No image

目に見えるような変化が現れ始めた頃には、既に次への新しいステージに、片足を踏み入れてる時なのかもしれません。やっと出来るようになったから、もうちょっと味わい尽くしたい。そこに居たいという気持ちも湧いてきます。勿論それが決して悪い訳ではないのですが、守りに入ろうとするその実態は不安。不安はマインド。腹の感覚を信じる。腹の感覚って本当はどんな感じなんだろう?腹の強化が常に促されてる。...

  •  0
  •  closed

抵抗姿勢

No image

私は自分の体に対しても、世の中の感染症に対しても、抵抗姿勢だった、と、改めて自覚した。免疫力をつける=抵抗になっていたのかもしれない。自覚するというのは大事な事だ。自分が日頃どんな意識で物事を捉えているかが分かる。宇宙的視点について、宇宙的視点てどんなだ?と、知らない事は本当は恥ずべきことではない。分かってないからこそ、知る為に取り組んでいるのだから。...

  •  0
  •  closed

再検査

No image

再検査受けてきました。採血の結果は約2週間後に郵送だそうですが、現時点では多少基準値から外れてても、腎臓には何も問題なしで、単なる体質との診断。(なんだそりゃ?!)その体質について知りたかったのですが、そこまでは分からないようです(^^;)息切れや疲れやすいことに関しては、腎臓からくるものではないとの事。他に要因が考えられるらしいです。そうなると、やはり心臓か、あるいは甲状腺あたりかもしれません。それと...

  •  0
  •  closed

徹底的な段階

No image

演奏会後の体の調子は、やはり息切れのようなものが続いています。エネルギーの作用、プラスで、ちゃんと調べるのは早い方がいいと思い、事情を説明して、明日仕事を少し早く上がって再検査に行くことにしました。明日の検査で精密検査になるのかどうかは、取り敢えず明日行ってみない事には分からないのですが、恐れがあるなら徹底的に見て下さい、という段階なんだと捉えています。...

  •  0
  •  closed

作用

No image

本日(日が変わったので昨日ですね)は、2月東京演奏会でした。初めて最後の方で立っていられなくなり、座って歌いました。歌として綺麗に歌おうとすると結局はそこ止まり。私にとっても赤トマは鬼門です。ストーリー性や「何かになる」という投げかけを貰い、それを意識して歌った後は、おそらく根底にあったエネルギーにやられ息も絶え絶え。声は出るのですが息が続かないという状態。でも、確実に何かが動いたのを感じました。...

  •  0
  •  closed

真似

No image

真似をするということについて、私はそれは、自分のオリジナリティを欠くことだと思っていたようだ。辿ってみれば幼い頃に、「量子は真似ばっかり。私の真似をしないで!」と、幼馴染に言われたことも、薄っすらこびりついていたようだけど。今となってはそれはもう持つ必要のないもの。...

  •  0
  •  closed

来年度について

No image

昨日、来年度の(4月からの)担任発表がありました。私は今のクラスの子ども達数名と持ち上がりで、1歳児の担任になりました。私の中の不安や懸念が勢いよく顔を出す。部屋が広すぎて体力が持たない、途中でぶっ倒れるかもしれない、より子ども達も活発になるから声が出なくなるかもしれない等々・・(ベテランの先生と組むから怒られるかもしれない・・)より、日常での意識の在り方、日頃の生活の仕方や体調管理が大切になりま...

  •  0
  •  closed

問われる

No image

たまたまテレビのニュースを見ていて、スポーツのサポーターの2020新ユニフォームに、携帯会社と推奨しているものが書かれてあった。その実験場所となっていた所についてワークでも話されていた。もし私がワークと出会ってなかったなら、私はちゃんと自分として、意識を持って気付くことが出来るのだろうか?と、思うのだ。今も、ただ閉塞感と絶望感の中に埋もれ、人生とはこんなもの、なんて思っていたのではないか。勿論、本当の...

  •  0
  •  closed

ただシンプルに

No image

昨日帰る時から左肩から首、目、ときて、左の頭が痛かったのですが、早速お腹にタオルを巻いていつもより少し多く睡眠を取り、頭はどうかなぁ?と思いましたが、痛いままでした(^_^;)昨日の病気についての話で、ただただ最悪(かどうかは分かりませんが)の結果を想像して、一人固まった状態で不安になってただけで、ただシンプルに、調べて結果を見ればいいだけじゃないか、と、また一人ドラマにハマってた自分に気付きました。自...

  •  0
  •  closed

怖れに関して

No image

本日は個人セッション&グループワークでした。なかなか理解ができない事実が分かり、またここからやっていくことの大切さ、フィジカルな部分の取り組み等について話されました。今、現在世間で騒がれている事に関連して、私自身は腎臓の数値から再検査を受ける必要があり、ワーク中にも怖れが出てきていました。怖れに飲まれてしまうのか、それとも向き合うのか。師匠の言うように自分のポリシーが試されてる時なのだと思います。...

  •  0
  •  closed

やっと

No image

やっと、やっと、次も聴きたい、というところまできた。なかなか時間が取れず、また疲れていたりして、本当にちょっとずつちょっとずつ起こしています。1ヶ月かかりましたが、職場の人間と同じように無意識であったなら・・教えを請うというのが繋がり始めたのかもしれません。今日は午前中職員会議がありましたが、私は無意識だったと思います。その瞬間気付いてなかったと思う。だからまだ居るんだな。...

  •  0
  •  closed

何にもしない

No image

何もしないとは、一体どういう状態の事なんだろうか?今の現実も自分が選んでる事なんだけれど、なーんにもない日も何かしら最低限の事はしてる。先にある予定に対してできる準備やイメージなんかもしてる。例えば物理的な動きをしないけど、何かしら考えてる時はどうなんだろうか?ボーッとするのと、何もしないは違う・・。何にもしない日は、私としてはただただ様々な事をイメージしたい。...

  •  0
  •  closed

根底

No image

あまり接点がなく無関係だと思える相手との間でも、愛で関わる事ができる・・う~ん、まだ分からないんだよなぁ。そういう気付くチャンスが訪れた時に、気付かなすぎなんだよなぁ。私はまだまだ目の前の事でいっぱいだったりする。スルーするつもりもないんだけど、根底に流れてる愛にもっと気付きたい。...

  •  0
  •  closed

ぼやき

No image

自分をちゃんと感じ、自分で居る時間を大切にしたいと思っているけど、一つ一つ丁寧にやっていくことについて作業的な要素が加わると、何故かなりの頻度で投げ出したい気持ちが発動するのだろう?それは大体取りかかり始めて最初の頃にくる。ぶつくさ独り言を言いながら、やりたくない気持ちを吐き出していくと、やっとやる気モードに切り替わっていく。勿論そこには判断が入っているのだけど、最初から前向きな波動でやれないもの...

  •  0
  •  closed

本日、立春

No image

昨日の節分会でのピアノは、ブルブル震えたりもせず、落ち着いて弾ききる事が出来ました。以前のような私なら、すぐ恐れそのものになっていたところですが、演奏会でピアノを弾く経験を積んだり、特に昨年の下半期からの様々な崩壊は、間違いなく私にとって糧になっていたのだなと思いました。技術だけを磨いた場合、(意識次第で)慢心エネルギーが発動し軸がブレる。職員の誰かを見習ったもしくは真似た、そこからエッセンスを掴...

  •  0
  •  closed

節分

No image

今日は節分。園でも節分会があります。とても楽しい日なのですが、私にはピアノを弾くという大役が・・。楽器を弾くという事には、まだまだ抵抗も緊張もあります。楽しさを感じながら弾けるようになりたいです。大丈夫、何度も練習したから!ちゃんとそこに居て無事ピアノを弾ききることが出来る!楽しく弾いてる自分をイメージする。...

  •  0
  •  closed

聞か猿

No image

自分で居ながら多様性を受け入れ、価値観の違う人とも仲良くする・・話してる間に、ついそれは違う!と、自分の考えを押し付けようとする。例え見てる視点が違うとしても、そこに学びがない訳ではないのに、何も得るものがないと「聞か猿」の自分になる。相手に理解を示し、相手を尊重しながらも自分はこうです、と、まだ自信を持って言えない。いや、言わなくてもいいのだ。エッセンスを掴むという視点を養う、大事な事はいつも心...

  •  0
  •  closed