FC2ブログ
Welcome to my blog

ナナイロノオトナミ

archive: 2020年03月  1/1

膿出しの一貫

No image

いい意味でせっかく傷口が開いて、その傷は今始まったばかりじゃない。もうずっと前からあったんだよね、と。せっかく開いた傷口に絆創膏を貼る事はしたくない、とも。もしも私自身が絆創膏を貼ろうとしても、膿が出てるのであればまた自然と剥がれるのだろうな。いずれにしてもその膿は、全部出し切るしかないのだと思う。早くそういうところから本当に変化する為には、早くっていう言葉のニュアンスかなと言っていた。早くという...

  •  0
  •  closed

それこそ

No image

膿を全部出し切る為に、怒らせるとか悲しませるとか苦しませるとか、そういうことも必要なんだと師匠は言っていた。こちらが意図しようとしまいと、私の中で死にかけのパーソナルが荒れ狂うんだったら、それはやっぱり自分の心の中の膿を早く出し切ったら、早く変化するタイミングがやってくるというふうに、頭の片隅で認識しておいて欲しいとも。そう、今の私には全部当てはまってしまう。自分でもどうしてなのか分からなくなる位...

  •  0
  •  closed

無駄な抵抗

No image

ポジティブな所が刺激されれば、死にかかってるパーソナルが荒れ狂う。その時、どれだけ冷静な自分が出てくるか。現在進行形でどれだけ出ているのだろう?今はもう瀕死の状態で、荒れ狂って泣くか、引くかのどちらかになっている。愛なんて果たして感じられているのだろうか?人が変化するのは結局のところ、深い所で自分が決めてるタイミングだと。変化を促すワークはそのタイミングを、君の内側が早めてもいいよっていう許可を出...

  •  0
  •  closed

マインドによって交わされる言葉

No image

マインドによって交わされる言葉なんてのは、殆ど役に立たないと師匠は言っていた。マインドによって交わされる言葉?考えてみたら、職場等々、これまであちこちで交わされていた言葉は、思い込みや偏見がごちゃ混ぜになりながらの、コミュニケーションだったと思う。コミュニケーションを取ってるようで取っていない。明るく笑顔だったとしても、根本は劣等感等々だったと思う。マインドの部分で理解したなんていう事は、あんまり...

  •  0
  •  closed

朗報とは?

No image

今の私にしてあげられる事は何もない。でもこれは朗報だと・・。私が本当に変わる事ができた時に、それが自分の力であり、自分の意思なんだって理解するから、と。今の私は渦中にいる。だから当然(?)、理解とはほど遠い。イマイチ朗報がどういうことなのかを、把握し切れていない。...

  •  0
  •  closed

瀕死のパーソナル

No image

今の私の精神状態(古いパーソナルが死にかけてる状態)を踏まえた上で、最後の最後で何か頭で考えたりする事がまるで機能しなくなった時に、自分の腹からこれまでと違う、本当の自分のエネルギーが出てきたと師匠は言っていた。今が一番乗り越え時、ギリギリの所で耐えるしかない、とも。最後の足掻き(断末魔)が荒れ狂う状態で、もう何度もダメだと、もう無理だと思った。そう思う事自体、もしかしてまだマインドが働いてるのか...

  •  0
  •  closed

そもそも違う

No image

出来るできないに拘るパーソナルは、とーってもしつこい(~_~;)ワークでやってた事は、私の言葉でいうところの冷静な自分を強化するものであった訳だけど、日常のやる事に流されると、やってない=出来ない自分、になり、冷静な自分が育ってない、という視点には全く持って至らない。何故拘るんだろう??そういう自分が自分だと思っていた。拘る事が信念にも繋がると思い込んでいた。いや、そもそも拘ってるという意識すらなかった...

  •  0
  •  closed

学びの意味

No image

相談交渉してみて、話をすり合わせてみても合わないのなら、ここは自分のいるべき場所ではない、という事が分かる。それが分かったという事の学びの回収。との事だったんだけど・・?すり合わせてみてちょっと違った・・そして私の意図はあまり理解されていなかった。本当はもう学びは回収してるのかもしれない。でも何故か腹に落ちない。そして感謝まで繋がらない。私は学びの意味を少し取り違えていたのだけど、今も取り違えたま...

  •  0
  •  closed

飲まれずに全面的になりきる

No image

あ~ヤダヤダヤダヤダ。ノート起こしなんてクソくらえだと、ヤダヤダにカラ回ってました。職場での今後については、相談後クラス編成の見直しとなり、それに伴って若い職員の子達の不安も炙り出され、私なりに動いた割には引っ掻き回しただけ?という感じが否めませんでした。まだ学びの回収にまで至ってなかった。不安なら、不安を感じてる自分に飲まれずに、全面的になりきって一緒にいる。先月からずっと飲まれまくってるけど、...

  •  0
  •  closed

キツイ

No image

今日は卒園式でした。当日までそんな感覚が全然なく、滞りなく済んだけど、これまでの卒園式とは違いフワフワした感じでした。話は変わり、私の体調、今後の働き方について、その後回答を貰い、検討した結果、今後近々契約社員へ契約変更する可能性をもって、今は現状の契約で様子を見ていくことにしました。保留と言うと聞こえはいいですが、早番遅番はなくなりますが、勤務時間に大差ないことや収入面を踏まえて、あと2、3ヶ月位...

  •  0
  •  closed

分かる、のかもしれない

No image

ノート起こしからの書き起こしではないのですが、一応報告として。2月終わり頃から向き合えなかった事。交渉までいったのかは今少し微妙ですが、自分の精神的にも今日話す機会がやってきました。今後の働き方について、相談という形で、今、体や日常生活に支障が出てきてる事、勤務時間や日数を減らすことが出来るのか、等々。事務局の方へ契約変更ができるのかどうか、まずは聞いて貰える事になりました。その後どうするか決める...

  •  0
  •  closed

さっぱり

No image

何を書いていいのやら、さっぱり・・仕事は行っている、ひなまつり会は無事終わった。(気持ちが乗り切れない感じはあったけど)翌年度の書類作成にも取り掛かり始めた。相方との仲も深まっている。けれど私自身が、私自身の根幹にあるものに触れようとしないから、職場で働き方についての話をする事も出来なければ、彼の家庭環境からくる闇についても、本当には理解する事ができない。なんだかな・・...

  •  0
  •  closed

信じるしかない

No image

今日は特に、先日のワークの時の自分と近い自分を、職場の中で感じていた。片付けをしてるから、やることがあるから・・表面化するものの奥には、意固地になって一人になろうとする自分。パート時代はしょっ中感じていた。今だからまた出てきてるのかな。受け止められると信じるしかない。...

  •  0
  •  closed