FC2ブログ
Welcome to my blog

瀕死のパーソナル

今の私の精神状態(古いパーソナルが死にかけてる状態)を踏まえた上で、
最後の最後で何か頭で考えたりする事がまるで機能しなくなった時に、
自分の腹からこれまでと違う、
本当の自分のエネルギーが出てきたと師匠は言っていた。
今が一番乗り越え時、ギリギリの所で耐えるしかない、とも。
最後の足掻き(断末魔)が荒れ狂う状態で、
もう何度もダメだと、もう無理だと思った。
そう思う事自体、もしかしてまだマインドが働いてるのかもしれないと思った。
今はもう、ほんの少しの冷静な自分を、
キャッチできるかどうかだけが鍵なのです。
人が本当に変わる時というのは、
マインドの自分を鼓舞するやり方は殆ど役に立たない。
どんな状態でも最低限私がここにいる事が重要なんだ、とも。
今の私にしてあげられる事は何もないんだ、
と、言われ、
私の大部分を占めていたパーソナルは、
時間差で荒れ狂いました・・。
感情が溢れ出て辛いよ、苦しいよ。
でももの凄い愛を感じていた、その事が事実です。
ここまで来ると見解を書けるのか?
と、ささやく自分もいる。
実は死ぬ気になってやった事がないから、
何か違うと感じながら、分からないと言い張る自分は、
ただただ自分を信頼してない分断の自分でした。



スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.