FC2ブログ
Welcome to my blog

許容

自分自身を本気で変えるというのは、
職場の状況とか子ども達や相手の反応を
変えようという発想でやるのではない。
そういうものが一切変わらなかったとしても、
これまでの風景が地獄でもなんでもない、
普通の風景に見えるくらいの反応になったら、
という所を1つの目安にするのは有効だ、と。
相手を変えようとすればする程、
(その時の私の心情は何で分からないかなぁ、
とか、いい加減にして!というものだった。)
可愛い好きだなぁと思えてた対象物が、
何とも憎たらしくとてもじゃないけど、
かけがえのないものだなんて思えなかった。
それどころか、それでもし相手が変わったとしたら、
きっと私が変えてやった!と、
勘違いの傲慢がエスカレートしている。
でも何故変わらないと、
こんなにも諦めの思いが出てくるんだろうか?
師匠はある程度許容していかなきゃいけないことかもしれない、
とも言っていたんだ。
言葉をただ言葉として捉えるのではなく、
その本当の意味を知りたいと思うのです。
許容って、実はどういう事?
それは、許す(赦す)って本当はどういう事?
と同じなんだと思う。



スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.